「2016年10月」の記事一覧

「幸せ」を見つける方法5 ヴィパッサナーでわかったこと

ヴィパッサナーでわかったこと。   中村天風の言う、「心ひとつの置きどころ」の意味が理解できた。   ヴィパッサナーで心と身体の動きを観察していると、瞬間瞬間に認識できる心はひとつである事がわかる。 ・・・

「幸せ」を見つける方法4 ヴィパッサナー

「幸せ」とは何か?   「幸せ」とは、本当の自分を見つけることである。 そして、本当の自分  「真我」に素直に生きることである。   真我とエゴは異なる。 真我は宇宙の意志である。 直感である。 エゴ・・・

「幸せ」を見つける方法3 真我の視点

私のやっている武道で言えば、最初は「強くなりたい」という、単純な理由で始まった。 私はプライドが高いくせに、内心は意気地無しである。 そして、「皆から注目を浴びたい」、「皆から尊敬されたい」と思っていた。 皆から注目を浴・・・

「幸せ」を見つける方法2 マインドフルネス

私は「悟り」を得たわけではないから、私の書いていることは私の現時点で思うことである。 いろいろなやりたいことがあるのだが、「悟り」を感じることが出来れば多くは望まない。 と言うことは、この思いが達せられれば幸せなのか? ・・・

「幸せ」を見つける方法1

「幸せ」 これを求めて皆生きている。 「幸せ」って何だろう?   幸福の青い鳥を求めて、チルチルとミチルが旅に出る。 どこを探しても、青い鳥は見つからなかったが、 家に戻ると青い鳥がいた。   例えば・・・

昭和50年広島東洋カープ初優勝 巨人は最下位

広島東洋カープが25年ぶりに優勝した。 実に四半世紀を経ての優勝である。 私はカープ優勝というと、真っ先に浮かぶのが昭和50年の初優勝である。 当時は古場監督が指揮をとっていた。 衣笠祥雄や山本浩二が主力であり、エースピ・・・

坂の上の雲 ロシヤにおける広瀬武夫 父の愛読書に感動

2回目の旅順口閉塞作戦で福井丸に乗り込んだ広瀬武夫は、敵に発見され、砲弾が飛び交う中、部下達をボートに移していく。 点呼をとってみると杉野兵曹長がいない。 沈みゆく福井丸に戻り。 「すぎのー!     すぎのー!」 呼ぶ・・・

坂の上の雲 広瀬武夫役の島田謹二 顔も雰囲気もぴったり

NHK「坂の上の雲」では、藤本隆宏が広瀬武夫を演じた。 広瀬の写真を彷彿させる風貌である。 更に、実際の広瀬武夫は、こんなだったのではと思ってしまうほど、体育会系の歯切れの良い演技である。 父の本棚に「ロシヤにおける広瀬・・・

坂の上の雲 阿部寛と本木雅弘の秋山兄弟役に共感

本木雅弘の秋山真之は、はまり役であったが、阿部寛の秋山好古役も本木の真之を凌ぐほどにぴったりであった。 好古は住まいに、箸と茶碗があれば事足りたらしいが、無口、不言実行の好古の人柄と阿部の雰囲気がマッチしていた。 そして・・・

本木雅弘の森田すばる役が好きでした。

「2年B組仙八先生」というドラマがあって、本木雅弘は森田すばるという役で出演していた。 学生服の下に赤シャツを着た、所謂不良役である。 このドラマから、薬丸裕英 布川敏和と組んで「シブがき隊」が誕生した。 「NAI NA・・・

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ