ダイエット 減量


過酷な減量

私は武道家で、現在51歳ですが、

45歳まで競技にも参加しておりました。

 

 

競技は体重制限があり、

10代より45歳までウエイトコントロールと付き合ってきました。

 

 

そして10代20代の頃は、プロの格闘技のリングにも立ち、

かなり過酷な減量を強いられていました。

 

 

短期間で10kg前後落としておりました。

 

 

減量中は次回からきちんと適正体重を維持しようと

思うのですが、試合が終わると緊張の糸が切れて、

すぐに元どおりです。

 

 

また試合が決まると減量して、試合が終わると元通り、

その繰り返しでした。

 

 

こう書いてみると、人生って陰陽のバランスが大切ですね。

 

 

お釈迦様が中道が真理で、五欲を貪ることは言うまでもなく、

苦行に励むことも真理に至る道ではないと仰っておりました。

 

 

苦にも楽にも偏らず、正しい判断を実践できる道が中道であると。

 

 

ですから、極端なダイエットのあと我慢できず、

ドカ食いしてしまうのは自然の道理なのです。

 

 

私は普段70kg前後あった体重を短期間で、

60kg前後まで絞ってリングに立ちました。

 

 

そして試合が終わると、1、2日で元に戻っていたのです。

 

道理

自然の道理というのは逆らうと無理が生じます。

 

 

親が厳しく子供をしつけると、

精神的に忍耐力のある子が育ちます。

 

 

しかし、そこに愛情が欠けていると、

他人に対して厳しい人間になってしまうかもしれません。

 

 

逆にいつも優しく、

何でも子供の思い通りにさせてやったとします。

 

 

その子は、他人に寛大かもしれませんが、

道徳から外れた人間になってしまうかもしれません。

 

 

適度に厳しく、適度に優しく、

バランスのとれた子育てが肝要です。

 

 

何事もバランスが大切です。

 

 

どうやって適度なバランスを見つけるのでしょう?

 

 

無責任な物言いかもしれませんが、

「あるがまま」です。

 

 

結論を言ってしまうと、多種多様な人間がいて、

様々な出来事があって、あらゆる経験を積み、

人格が形成されていきます。

 

 

厳しい人がいて、優しい人がいます。

 

 

裕福な人がいて、貧しい人がいます。

 

 

太った人がいて、痩せた人がいます。

 

 

この3次元では陰陽のバランスは絶妙です。

 

 

「あるがままで、お互いに影響しあってそれで全て良し」

 

 

「あるがままで太ってそれで良し」

 

 

そうなのでしょうが、

でも、それでは話が終わってしまいます。

 

 

 

理想の体型に近づけたいと思うから、

今回の記事に興味を持って頂けたのだと思います。

 

 

では、道理に逆らわず、

理想の体型に近づけるにはどうしたら良いのでしょう?

 

受容

中村天風は、「病は忘れれば治る」と仰っておりました。

 

 

そして、忘れるためには、まず病を受容して、

敵のレッテルを外すことが大切です。

 

 

ダイエットも同様です。

 

 

太っていることを受容して、

食への執着を解消するのです。

 

 

具体的には、心身を客観的に見る視点を保つことが大切で、

そのためにヴィパッサナーを紹介しました。

 

正しいダイエット1、2  リンク  ↓  ↓  ↓

正しいダイエット

ダイエット 食べたい

 

このヴィパッサナーを日常生活に取り入れることで、

心を平らにしていくのです。

 

 

常に心と身体を見張る視点を保つことで、

「今ここ」に滞在し、将来の不安や欲望、

過去の不満や懐古を消し、

淡々と物事に取り組むのです。

 

 

同じように掃除や草むしりをやっているように見えて、

淡々と取り組む人には、

身体にとって快の神経伝達物質が分泌されます。

 

 

逆に「今ここ」に滞在できない人の身体には

不快な神経伝達物質が流れるのです。

 

 

傍から見て、同じように見えて、

実際には、雲泥の差があるのです。

 

 

前向きに取り組む人は、健康になり、

魅力的になって、幸せになります。

 

 

不満な心持ちで取り組む人は、

不健康になって、精気を失い、不幸せになります。

 

 

どちらが良いか、言うまでも無いでしょう。

 

 

ストレスを溜めずにおれば、

五欲を貪る必要が無くなります。

 

 

怒りや悲しみの不満を抱く人は、

五欲で感情を紛らわせる必要が出てくるのです。

 

 

そうではなく、

感情と共にあらわれる、身体の感覚を感じるのです。

 

 

不快と共にお腹や背中、頭に言葉で表現し難い感覚が現れます。

 

 

その感覚と向き合い、感じることによって、

その不快な感覚は軽減され、やがて消えるのです。

 

 

その身体の自浄作用を活用できるようにします。

 

 

不快を五欲で紛らわすのではなく、

受容して、免疫力を活用するのです。

 

メルマガ登録リンク ↓ ↓ ↓

 楽に生きる方法はこちら

 


コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ