苦手な人と付き合う方法1


有頂天と奈落の底

苦手な人っていますか?

 

 

とっさに顔が浮かぶ人がいますか?

 

 

お釈迦様が、諸行無常、諸法無我、一切皆苦と

おっしゃったように、この3次元では、様々な変化があり、

意にそぐわぬことが起き、苦しいのです。

 

 

人生は心のトレーニングですから、

困難が次から次へと、やってきて当然です。

 

 

「仕事で成功した」、「宝くじが当たった」、

「告白してお付き合いが始まった」、

「試合に勝った」等々、成功の形は無数にあり、

栄光をつかんだ瞬間、

人生の勝利をつかんだ錯覚に陥るのです。

 

 

しかし、神さまは、そう簡単にゲームを

クリアさせてはくれません。

 

 

また、新たな障害が現れ、

有頂天の高みより、奈落の底へと、

突き落とされてしまうのです。

 

 

苦手な人

仕事自体の失敗や、趣味がうまく上達できない、

老いや病気等々、不幸の原因は無数にあります。

 

 

中でも、人間関係の苦労たるや、

不幸の中でも、最高峰の苦と言えるのではないでしょうか?

 

 

私にも、パッと思い浮かぶ苦手な人が数名おります。

 

 

身近な人ばかりです。

 

 

しかし、私はこの事態を深刻に捉えておりません。

 

 

苦手な人は、私にとって心を育ててくれる

師匠のような存在です。

 

 

彼らの共通する点は、我が強いところです。

 

 

「類は友を呼ぶ」と言いますが、

私自身も我が強く、若い時は、

何とかして有名になりたい、

認められたいと考えておりました。

 

 

小学生のときは野球選手として、

高校生で空手を始めてからは、

武道家や格闘家としてひとかどの人物になりたいと憧れました。

 

 

最たる目的は、有名になること、

他人より認められることです。

 

 

しかし、ブログやメルマガで紹介している通り、

ガイドと繋がるようになってから、

悟りへの道、心の修業の道が全てだと気付いたのです。

 

 

それからは、この苦手な人とのトラブルや、

様々な事象も、心のトレーニングとして、

前向きに捉えられるようになりました。

 

 

その具体的方法について、

「苦手な人と付き合う方法」シリーズで

お伝えできたらと思います。

 

 

一意専心

仏教では5欲が苦の原因で、

5欲を無くすことが悟りへの道だと教えております。

 

 

5欲とは、性欲、名誉欲、財欲、食欲、睡眠欲です。

 

 

この欲を消すために、

身体の感覚を感じて、

心と身体を一致させるのが、

ヴィパッサナーというトレーニングです。

ヴィパッサナー動画リンク ↓  ↓  ↓

 

「抜き足、抜き足、差し足、差し足、忍び足、忍び足」と、

心の中で実況しながら、

足裏の重心が移動する感覚、背中が伸縮する感覚、

呼吸の感覚等々を感じて認識して、

心と身体を一致させるのです。

 

 

この心身一如を日常生活に取り入れて、

思考感情を消していくのです。

 

 

思考は過去の後悔や、懐古、

未来の不安や願望です。

 

 

これを、心の中に客観的に観察する視点を維持して、

思考感情がひとりでに暴走せぬよう見張るのです。

 

 

この視点を定着させることが、唯一の仕事で、

これで万事解決へと向います。

 

 

武道家が突きを正しく打てれば、

一流になれるように。

 

 

物事はシンプルです。

 

 

エゴが真理を覆い、

目の前にある真理を隠しております。

 

 

無明の雲で、光を閉ざしているのです。

 

 

ですが、物事は単純で、

その単純なひとつのことを、

ピカピカに磨いていくことだけが大切です。

 

 

突きを磨くのであれば、

それだけを繰り返し、繰り返し、

突いて、突いて、練っていくべきなのです。

 

 

見た目には、ただ握った拳を

突いているように見えます。

 

 

しかし、中身は違います。

 

 

首は顎を引きながら引き上げられ、

肩肘は落ちて、仙骨は前傾して、

非常に窮屈な状態で、絞り出すように突いております。

 

 

そして、背骨は波打ち、

全身の筋肉が連動して、拳の1点に、

エネルギーを集約させているのです。

 

 

謙虚、無垢、忍耐、努力の末に、

一意専心が体現でき、

気付きが生まれていくのです。

 

メルマガ登録リンク ↓ ↓ ↓

楽に生きる方法はこちら


コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ