「幸せ」を見つける方法2 マインドフルネス

私は「悟り」を得たわけではないから、私の書いていることは私の現時点で思うことである。

いろいろなやりたいことがあるのだが、「悟り」を感じることが出来れば多くは望まない。

と言うことは、この思いが達せられれば幸せなのか?

人は「目的→達成」のループに陥りがちである。

満たされるのは一瞬で、またループの渦に巻き込まれていく。

私は、ふと思う。

この追い込まれるような日常から解放されたら、どんなに幸せだろうと。

しかし、ボクサーが打ち合いの中で、必死でパンチを繰り出し、相手の攻撃をかいくぐっていく。

恐怖などの自我があるうちは、まだまだである。

その攻防と心が一体化した時には、欲も恐怖も無い。

心と身体が忙しすぎて、「無」なのである。

「無」なのだが、「今ここ」に集中している。

余裕があると、貪瞋痴(とんじんち)の渦に巻き込まれて苦しみに帰結する。

「何か良いことがないか」

「あの時、こうしておけば今頃は・・・」

無限ループが繰り返される。

この自動思考に、気付くことである。

更に、エゴは希望や不満を探す。

安定をひたすら求め、安定の障害となっているモノを探し続ける。

勝手な解釈をして、排除すべきモノと決めつける。

自分の正当性をでっち上げの理由をつけて、信じ込もうとする。

しかし本当の自分(真我)は、それをでっち上げだと知っている。

この嘘と向き合い、心の傷を修復するときが、いずれ必要となる。

バランスが常なのでは無く、アンバランスが常なのだ。

諸行無常、諸法無我が真理なのだ。

これを受け入れなければ、全て苦となる(一切皆苦)。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ