「幸せ」を見つける方法5 ヴィパッサナーでわかったこと

ヴィパッサナーでわかったこと。

 

中村天風の言う、「心ひとつの置きどころ」の意味が理解できた。

 

ヴィパッサナーで心と身体の動きを観察していると、瞬間瞬間に認識できる心はひとつである事がわかる。

身体を認識しているとき、同時に思考する事は不可能である。

かつてジャングルで生活していた人間は、生存するために常に危険を探している

これが、心の緊張と身体の収縮を引き起こしている。

そうして、「怒り」ながら、「苦」を背負いこんでいる。

「バランス」を求め、もがいている。

一瞬バランスを得ても、すぐ崩れる。

周囲の事象も人の心も、常に変化していてアンバランスなのである。

これを認めて、同居するのである。

一切皆苦   諸法無我   諸行無常  この真理を知るのである。

 

心  身体  認識できるのはひとつ。

身体の感覚を認識しているうちは、「今ここ」である。

意志  確認  意志  確認  ・・・の連続で目覚めている。

しかし人間は、休みたいのである。

ふと気がつくと、妄想している。

「いかん、いかん」とまた再開する。

意志  確認  意志  確認・・・。

しかし怠けたいエゴの本能は、また妄想を始める。

妄想は過去の後悔や未来の不安等。

「今ここ」にいない。

 

ここで、妄想していることを、忌み嫌ってはいけない。

妄想していることをも受け容れる。

同居しながら、妄想を減らしていけば良いのである。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ